肺がん転移の治療は、全身に転移している事が多く、化学療法が主です。専門医とよく相談をし、肺がん転移状況に適した治療法を選択しましょう
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

肺がん、転移治療

肺がんが再発した時は、化学療法が主な治療法です。手術をする事はほとんどありません。これは、再発の多くがすでに全身にがん細胞が回っており、手術が不可能なためです。全身に広がった、がん細胞をたたくには実質的に化学療法以外、治療法がありません。しかし、ケースとしては少ないのですが、手術による再発病巣の摘出が予後を改善することがわかっています。

治療法の選択

手術後の再発例に対しての化学療法は、一般的に非手術例の最初に行う化学療法と同じ併用化学療法を行います。縦隔リンパ節や胸壁などに再発した場合には、放射線療法と抗がん剤を二剤組み合わせた併用化学療法が有効な場合があります。非手術例で併用化学療法を行った場合の再発症例では、同じ化学療法では効果が少ないと考えられます。また、患者さんの状態も悪いことが多いため、副作用の少ない別の抗がん剤の単剤による化学療法がよく行われます。

非小細胞がんの再発治療

非小細胞がんでは、【ドセタキセル単剤】による化学療法が行われており、有効性も認められています。また、飲み薬の【トポテカン】が用いられることがあります。EGFRという遺伝子の変異がある症例で、イレッサ(分子標的治療薬)を使用していない場合には、使用する事があります非手術例ではEGFR遺伝子を検査できない場合も多いので、そのときには非喫煙者で、腺がんであればイレッサを使用する事があります。小細胞がんの再発症例では、飲み薬のトポテカンの効果を示した報告があります。再発肺がんに対する化学療法で、大きな治療効果を期待することは難しいかも知れませんが、担当の医師の説明をよく聞いて積極的に治療されたほうが、症状の改善、延命にもつながるチャンスが出てくると思います。

緩和治療

肺がんは胸壁に浸潤したり、骨に転移をしたり、脳に転移して、激しい痛みを起こすことがあります。
このような再発時には放射線治療を行います。この場合の放射線治療は治癒が得られることもありますが、治療の第一の目的は症状を改善することです。脳転移の場合には手術、放射線、ガンマナイフのいずれを選択するかという問題が出てきます。小さな転移が少数の場合には、ガンマナイフが効果的かもしれません。脳転移の治療にあたっては、専門医とよく相談をして、それぞれの転移状況に最も適した治療を選択するのがよいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ