肺がん治療にインフォームド・コンセントは重要です。十分な治療、症状についての説明を受け、肺がん症状や治療で分からない事は解決しましょう
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントのポイント

体の状態や検査結果について
どのような病気が推察されるか
どのくらい進行しているか、進行期は?
どのような治療の選択肢があるか
治療法により成績が違うか
治療の副作用や後遺症について
治る確率について
治療後の生活は、治療前のように戻るのか
再発率や生存率について

医師との意思の疎通が大切医師や看護師などから検査や治療、診断などについて十分に説明を受け、疑問点などを解消。心から納得してその検査や治療を受けることに同意することを、インフォームドコンセント(説明と同意)といいます。
インフォームド・コンセントとは、「情報を与えた同意」あるいは「知らされたうえでの同意」という意味ですが、一般には「説明と同意」と訳されています。
現代医療では、医師は、がんの種類や進行度、治療の目的や種類、および方法、副作用、それらがもたらす予後や治療後の生活などについても、患者さんとその家族に十分説明することが求められています。特に肺がん治療となると、生命にもかかわる病気です。手術や放射線療法、化学療法などの医療処置を受けて、苦痛や不快、不安を感じる度合いが他の病気にくらべて極めて高ため、特にインフォームドコンセントは重要になります。現在では、がんの診療にたずさわる医師は必ず、インフォームド・コンセントを行っています。治療を受ける側は専門家ではないので、分かりにくい言葉がたくさん出てくるかもしれませんので、メモを取って、分からないことなどは、医師の説明を受けた後、遠慮なく質問をするといいでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ