肺がん手術(外科治療)には、根治手術と姑息手術の目的があります。肺がん手術(外科治療)のリスクや目的を把握しよう
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

肺がん手術、外科治療

肺がん手術、2つの目的

①根治手術

手術によって肺がんの根治が可能であると判断された場合。

②姑息手術

肺がんによって発生した症状が差し迫って命を脅かしていたり、耐え難い苦痛をもたらしているなど、病巣を完全に切除できるかどうかにかかわらず、症状を緩和する目的で行われる場合。

標準根治手術

がんの手術で症例数が多いのは、根治手術です。根治手術の目的は、言葉どおり、肺がんを手術によって根本的に治癒させることです。そのため、肺がんのできている肺を肺葉以上の範囲で切除する必要があります。理由は、肺がんの病巣のみを切除する「部分切除」では、切除の範囲が狭すぎるため、局所再発をおこす可能性が高く、根治手術として不十分なためです。

肺全的術

肺葉以上の範囲で切除する場合でも、病巣の広がり方によっては、最大で片肺全部を取り除く必要が出てくることもあります。この手術は、【肺全摘術】とよばれます。

リンパ節郭清

根治手術では、肺の組織そのものだけでなく、肺からリンパ液が流れを受けるリンパ節もいくつかまとめてとることになります。肺門や縦隔にあるリンパ節はがん細胞が転移しやすいので、取り残しや再発を防ぐため、一緒に切除してしまうのです。
切除するリンパ節は、病巣の位置によって決まってきます。肺がん細胞は、リンパ節をつないで流れているリンパ流に乗って広がるのですが、その流れは、川が源流から川下へ流れるのと似ています。そして、源流にあたるのが肺がんの病巣です。病巣の位置がわかれば、そこを起点に系統的にたどることで、自動的にどこのリンパ節にがん細胞が広がっていくかが判明します。そこで、転移が心配されるリンパ節を周囲の脂肪組織と一緒に切除するのです。このリンパ節の切除は「リンパ節郭清」とよばれます。

標準根治手術

根治手術では、肺がんの病巣を含む肺葉の切除とリンパ節郭活の手術を同時に行う事になります。これを、【標準根治手術】といいます。
根治手術の範囲について、現在では日本国内はもちろん、国際的にもコンセンサスが統一されています。今まで蓄積されてきた臨床例の解析や臨床試験などの結果に基づき、根治手術の方法は、細かい点での違いはあるものの、病院によって極端に考え方が異なることはありません。

縮小手術

現実には患者さんの肺機能や心機能の低下など、身体的な理由から標準根治手術が困難な場合、肺葉切除すべきところを部分切除で終えたり、リンパ節郭清を肺門だけにとどめる、縮小手術を行う事があります。縮小手術では、がん細胞の取り残しのリスクが残ってしまいますので、患者さんの体力が許す限り、縮小手術はできるだけ避け、標準根治手術を行ったほうが再発リスクが抑えられます。

肺がん手術のリスク

手術道具、写真肺がんの標準根治手術は、外科治療のなかでも、ほぼ完成されたといってよい治療法です。ただし当然ながら、麻酔をかけたり、メスを入れたり、からだにある程度の負担をかける治療法である以上、手術に伴う合併症の発生が100%ないとは言い切れません。そのため、肺がんの手術を受ける場合、死亡や合併症のリスクも考慮に入れておく必要があります。肺がんの手術で考えられるトラブルとして、一番多いのが【肺炎】です。気管支と肺を触る手術のため、感染症を起こしやすいのが原因です。2番目は術後の出血。3番目は縫合不全が考えられます。では、トラブルがおこる確率はどれくらいかというと。手術によるトラブルがおこる確率は、患者さんの年齢や体力によっても違ってきますが、高齢だったり、糖尿病や心臓病などの併存病をもっている場合は、当然、リスクは高くなります。こうしたリスクを考えても、手術によるリスクは一般的には小さいものですから、むやみに心配する必要はないと考えてください。

肺がん手術時間

肺がんの手術時間は、標準根治手術で2時間半~3時間程度かかります。出血量も少なく、ほとんどが100ml以下で済みます。輸血の必要性もありません。消化器の手術とは違い、胃腸をいじることがありませんから、食事も手術の翌日からとることができます。輸血がなく、絶食も手術当日1日だけで済みますから、肺がんの手術は手術のなかでも体力の衰えが非常に少ない手術だといえるでしょう。退院できるのは、一般的に術後約1週間になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ