肺がん治療法や症状など納得が行かない時は、セカンドオピニオンを受けよう。肺がんのように、治療が難しい病気(がん)は、セカンドオピニオンが大切になります
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、始めに行った病院で、担当医からの病気に対する説明だけでは納得のいかない場合、
他にもいい治療法があるのではと考える場合に、ほかの医師の意見、つまり「2番目の意見」を聞き参考にすることを言います。

患者さんは、セカンド・オピニオンを求めるのは、現在の担当医に悪いのではないかと、遠慮するかもしれませんが、自分で納得のいく治療を受けるには、そのような心配はせずに担当医に話す事が大切になります。

難病だからこそ納得がいく治療を

ベッドで座る写真
がんのような治療のむずかしい病気と診断されたら、主治医から説明を受けた病気や治療方針に納得できない時は、別の医師に意見を開きましょう。難しい病気だからこそ、主治医以外の医師に意見を聞いてみたいと思うのは当然のことです。ただ、注意点として、自分の納得のいく治療を受けたい気持ちはよくわかりますが、肺がんのように進行が早い病気では、迅速な決断と治療が求められることも知っておくといいでしょう。最初に受診した病院の主治医の診断は「ファーストオピニオン」、3人目の医師に意見を聞くのは「サードオピニオン」といいます。

セカンドオピニオンのやり方

セカンド・オピニオンを希望する場合には、はじめに診察した医師の紹介状をもらって、通常は患者さん自身が希望する病院へ行きます。患者さんは、セカンドオピニオンの意見を持ち帰り、主治医ともう一度話し合うことになります。費用は施設ごとに設定され、自費診療になります。主治医の意見に反発していると思われないか、見放されるのではないかといった不安から、セカンドオピニオンを言い出しにくい人も珍しくありません。しかし、医師の間でもセカンドオピニオンの必要性は浸透しています。紹介状を書くことを拒否する医師は、まずいないでしょう。

セカンドオピニオンを受けよう

セカンドオピニオンは気軽に受けてがんの治療をしている病院では「セカンドオピニオン外来」を設置しているところが増えています。また、「がん診療連携拠点病院」に併設されている相談支援センターに問い合わせるのもひとつの方法です。セカンドオピニオンを求めるには、他の治療法がないか聞きたい、診断が間違っていないか知りたいなど、この不安や疑問を解消したいというはっきりした目的がある事が大前提です。その目的を得るためには、患者さん自身も肺がんについての診断法や治療法などの基本的な知識と理解が備わっている事が必要になります。
セカンドオピニオンのリスクとして、沢山の施設でのオピニオンを求めるあまり、肝心のがんの治療が遅れてしまう事が挙げられます。肺がんは進行の早いがんなので、出来る限り治療の遅れは避けなければいけません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ