小細胞がんの治療方針や方法について解説、小細胞がんは、限局型、進展型んひ分けられます。それにより治療方針も変わります
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

小細胞がんの治療方針

小細胞がんは、どのような病期であっても、基本的に化学療法が中心になります。手術が適応になるのは、TNM分類で区分したT1N0M0(腫瘍径が3cm以下・リンパ節転移を認めない・遠隔転移を認めない)の場合のみになります。理由は、小細胞がんは非小細胞がんに比べ、悪性度の高い腫瘍ですが、抗がん剤や放射線照射に対する感受性が非常に高く、化学療法がきわめて有効だからです。特に抗がん剤については、奏功率が90%に達しています。また、新しい抗がん剤の研究によって、複数の抗がん剤の併用を可能とする「多剤併用化学療法」が開発されたことも、小細胞がんの化学療法による治療成績の向上につながっています。さらに小細胞がんを細かく分類すると、「限局型」と「進展型」に分けることができます。

LD-ED分類

小細胞がんの病期分類は、TNMよりも、LD(限局病変)ーED(進展病変)分類が一般的に用いられています。そのため、治療方針もLDーED分類に基づいて区分されます。基本的に、限局型(LD)小細胞がんに対しては、化学療法と放射線治療が組み合わされ、進展型(ED)小細胞がんに対しては化学療法が行われることが多くなるのです。

限局型小細胞がんの場合

がんの広がりが胸腔内にとどまっている限局型小細胞がんの場合、化学療法単独で治療するより、多剤併用化学療法に胸部放射線照射を加えたほうが、生存率が上昇し、良好な予後が期待できます。そのため、現在の限局型小細胞がんは「PE療法」とよばれるシスプラチン(CDDP)、エトポシド(VP-16)による併用化学療法と、胸部放射線治療の併用が標準治療とされています。

進展型小細胞がんの場合

胸郭の外に病変が広がった進展型小細胞がんの場合は、小細胞がんが全身化した状態と考えます。そのため、治療方針は、小細胞がんであっても限局型とは異なり、非小細胞がんの場合と同様に考えるのが基本です。具体的には、全身治療である多剤併用化学療法が基本的な治療法になります。現時点では、「PE療法」とよばれるCDDP(シスプラチン)とCPT-11(塩酸イリノテカンエトポシド)による抗がん剤治療がもっとも効果的な治療法と考えられています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ