肺がんステージや、TNM分類について解説。肺がんステージやTNM分類は、肺がん治療方針、治療方法を決めるための分類法です
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

肺がんステージとTNM分類

肺がんステージ

がん病巣の広がり具合で、病気の進行をⅠ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期の病期(ステージ)に分類します。その病期(ステージ)のなかで、軽いものをA、重いものをBと、それぞれもう一段階細分化します。

0期
がんは局所に見つかっているものの、気管支をおおう細胞の細胞層の一部のみにある早期の段階にあるがん【潜伏がん】
ⅠA期
がんが原発巣にとどまっており、大きさは3cm以下。リンパ節やほかの臓器に転移をめない段階にあるがん
ⅠB期
がんが原発巣にとどまっており、大きさは3cmを超えるが、リンパ節やほかの臓器に転移を認めない段階にあるがん
ⅡA期
原発巣のがんの大きさは3cm以下。がんが、原発巣と同じ側の肺門のリンパ節に転移していることが認められるが、ほかの臓器には転移を認めない段階にあるがん
ⅡB期
原発巣のがんの大きさは3cmを超える。がんが、原発巣と同じ側の肺門のリンパ節に転移していることが認められるが、ほかの臓器には転移を認めない段階あるいは、原発巣のがんが、肺をおおっている胸膜や胸壁に直接及んでいるが、リンパ節やほかの臓器に転移を認めない段階にあるがん
ⅢA期
原発巣のがんが、直接、胸膜・胸壁にひろがっているが、転移は原発巣と同じ側の肺リンパ節までで、ほかの臓器には転移を認めない段階あるいは、原発巣と同じ側の縦隔とよばれる部分のリンパ節に転移しているが、ほかの臓器には転移を認めない段階にあるがん
ⅢB期
原発巣のがんが、直接、縦隔に広がっていたり、胸膜へ転移をしたり、がん細胞を含んだ胸水がたまっている状態。原発巣と反対側の縦隔、首のつけ根のリンパ節に転移しているが、ほかの臓器に転移を認めない段階にあるがん
Ⅳ期
原発巣のほかに、肺のほかの場所、脳、肝臓、骨、副腎などの臓器に転移(遠隔転移)がある場合のがん

TNM分類

TMN分類とは、肺がんに関わらず全てのがんについて国際的に使われている、病気を表すための分類法です。ただし、肺がんのなかでも進行の速い小細胞がんは、TNM分類とは異なる分類法が併用されています。

TNM分類のT・N・Mが表している状態

Tは、腫瘍(tumor)の頭文字です。最初にできたがんそのものの状態を、T1からT4までの4段階で表しています。
Nは、節(node)の頭文字です。リンパ節への転移の状態を表しています。N0からN3までの4段階で表しています。
Mは、転移(metastasis)の頭文字です。がんが原発巣から外に出て、ほかの臓器に遠離転移しているかどうかを表しています。M0とM1の2段階で表しています。

Tl
がんの直径が3cm以上で、肺の中にとどまっている状態
T2
がんの直径が3cmを超えるか、気管が左右2つに分かれている分岐部から2興以上離れた太い気管支や、肺の外側の胸膜まで広がっている状態
T3
がんの大きさに関係なく、気管分岐部から2cm以内まで及んでいる状態。または、がんが心臓をおおっている心膜まで広がっていたり、胸壁まで及んでいたり、太い左右の気管支の片方を詰まらせたりしている状態
T4
がんの大きさに関係なく、縦隔、心臓、大血管、気管、食道にまで広がっていたり、がん細胞を含んだ胸水がたまったりしている状態
N0
リンパ節への転移が認められない状態
N1
原発巣と同じ側の気管支の周囲や肺門リンパ節に転移がある状態
N2
原発巣と同じ側の縦隔リンパ節や、気管分岐部リンパ節に転移がある状態
N3
原発巣と反対側の縦隔リンパ節、または肺門リンパ節に転移があるか、鎖骨上宿リンパ節に転移がある状態
M0
遠隔転移が認められない状態
M1
骨、脳、肝臓など、ほかの臓器への転移がある状態

小細胞がんは進行が速いため、TNM分類や0期~Ⅳ期などの分類以外に、限局型、進展型に大別する方法も使われています。

限局型

がんが、片側の肺と近くのリンパ節に見つかる場合の小細胞がん

進展型

限局型よりがんが広がっている場合。すなわち、がんが肺の外に広がり、遠隔転移が身体のほかの臓器にも見つかる場合の小細胞がん

スポンサードリンク

ページの先頭へ