肺がん検診の病期診断には、PET、腫瘍マーカー、気管支鏡検査、CT検査、超音波(エコー)検査、縦融鏡検査などがあります。
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

病期診断

PET

PETとは、ポジトロン・エミッション・トモグラフィ(ポジトロン断層撮影法)の略です。がん細胞は増殖のために多量のブドウ糖を必要としています。そこで、ブドウ糖をつけたFDGという薬品に、ポジトロン(陽電子)を放出するアイソトープ(弱い放射線を放出する物質)をつけて注射をすると、盛んに増殖しているがんにFDGがとり込まれます。そこから発する放射線をとらえて画像化したものがPETです。PETは脳を除いた全身を1回の検査で画像化することができます。一つ一つターゲットを絞る手間をかけずに、がんが全身のどこに転移しているのか、そしてリンパ転移があるかどうかも調べることができるのです。ただし、がん以外の病気でも描出されることがあるので、他の画像との総合的な評価が必要です。CT検査やMRI検査にくらべて、画像が鮮明ではなく、がんの正確な位置をつかむのには適していません。また、脳にPETを行わないのは、脳はブドウ糖の消費が盛んなところなので、がんを鑑別しにくいからです。最近は、PETとCTをいっしょにしたPET/CTという装置が開発され、普及してきています。これは、一体となった装置を用いて、ほぼ同時にPETとCTによる画像を撮ることができ、二つの画像を合成することもできる検査です。つまり、PETによって全身の転移の有無を調べるとともに、正確な位置をCTによって知ることも可能です。

CT検査・MRI検査

CT検査従来のCT検査では人体を輪切りにした断面が画像化されますが、最近ではMDCT検査(多方向CT検査)が登場し、いろいろな方向の断面画像や三次元画像を見ることができます。MRI検査ではMDCT検査同様、縦、横、斜めなど、自在な断面の画像を撮ることができます。肺がんの進み具合、病期(ステージ)、発生したがん自体の進展(広がり)と、リンパ節転移の有無、遠隔転移の有無によって分類されます。肺がんの病期を診断するために行うCT検査とMRI検査は、がんの広がりとともに遠隔転移の有無を調べることが目的です。肺がんが転移しやすいところはリンパ節、脳、肝臓、副腎、骨などで、そのため、肺がんの治療前には、胸部のほか、脳、腹部などのCT検査やMRI検査を行い、他の臓器への転移がないかどうかを調べます。

超音波(エコー)検査

超音波とは、人の聴覚ではとらえることができない高い周波数のことで、この音波を使って体内の様子を画像化するのが超音波検査です。これは、皮膚にゼリーを塗り、その上から超音波の発振機であるプローブ(探触子)を当てて、映し出します。超音波検査は出血や痛みを伴わず、放射線被曝の心配もないことから、さまざまな臓器の検査に使われていますが、特に肝転移の有無を調べるのに有効です。体内に放射性物質を注入し、そこから発する放射線の分布を画像にしたものをシンチグラフィといい、骨に対する放射線の分布を調べたものが骨シンチグラフィーです。
骨にがんが転移すると骨が壊されるので、再生が盛んになります。アイソトープを血管に注射すると、骨の再生や代謝が盛んなところに取り込まれるため、骨にがんがあると、そこにアイソトープが集まってきます。
シンチグラフィーではアイソトープの集まったところは黒く見えます。骨シンチグラフィーは1回の検査で全身の骨への転移がわかるので、骨転移を調べるのに便利な方法です。ために骨の再生が盛んになったところにも集まるので、アイソトープの分布が高いからといって、必ずしもがんがあるとはいえません。その部分のCTやMRIの画像などと合わせて判断する必要があることもあります。なお、最近では、骨シンチグラフィーのかわりに、PETで骨転移を調べる医療機関もあります。

腫瘍マーカー

がん細胞やがん細胞に反応した細胞が産生して血中や尿中に放出した物質のうち、がんの有無を知る目的で利用されているものを腫瘍マーカーといいます。現在、腫瘍マーカーとして使われている物質は約30種類ありますが、肺がんの腫瘍マーカーとして頻繁に使われているのは6種類です。ただ、前立腺がんのPSAは早期診断として有用な腫瘍マーカーですが、肺がんにはこれに匹敵する腫瘍マーカーはありません。腫瘍マーカーの多くは、がん特有のものではなく、がん以外の病気でも産生されています。したがって、腫瘍マーカーの数値だけでがんの有無やがんを診断することはできません。あくまでも補助的な手段です。治療後、いったん下がった腫瘍マーカーの数値が上昇したときは再発・転移が疑われるなど、転移を知る一つの手がかりになることは事実です。また、抗がん剤の効果を調べるために利用することもあり、ほとんどの医療機関で治療前に検査をしています。

腫瘍マーカー種類 特徴

がん胎児性抗原(CEA)

ヒトの大腸がんから抽出された糖たんぱく
手術後の再発を調べるため
肺がんでの陽性率は高くないが、肺の炎症、肺線維症、糖尿病、喫煙などでも高くなる
シフラ(CYFRA21-1) 細胞骨格に含まれるたんぱくの一部分、非小細胞肺がんでの陽性率が高い
扁平上皮がん関連抗原(SCC) 子宮頸がんに関係の深い物質、扁平上皮がんで高値になる

ガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)

小細胞肺がんの増殖因子のひとつ、小細胞肺がんがあると数値が高くなる
治療効果が上がると数値が下がるが、肝機能障害があると高くなる
再発すると、画像検査に異常があらわれるより早く高値になる
神経特異的エノラーゼ(NSE) 酵素のひとつ、神経組織との関係が深い。小細胞がんで高値となる
SLX 糖たんぱくの一種、がんの血行性転移と関係しているといわれているが、腸性率は低い

縦融鏡検査

縦隔とは左右の肺の真ん中にある部位ですが、ここには心臓、気管、食道、胸腺、リンパ節などがあります。縦隔鏡検査とは、全身麻酔をしたあとで胸部を小さく切開し、縦隔鏡という内視鏡を胸の中に入れて、縦隔を観察したり、縦隔リンパ節(気管の周囲のリンパ節) を採取して、転移の有無を調べる検査です。しかし、縦隔鏡を入れても届かないリンパ節もあり、すべてのリンパ節転移を調べることができるわけではありません。しかも、全身麻酔が必要なことや、胸を切開するために出血や気胸などの合併症が起こる可能性もあります。日本では限られた施設で行われています。

気管支鏡検査

肺がんの確定診断をするために、気管支鏡を使って、縦隔リンパ節に針を刺して組織を吸引し、転移の有無を調べることもあります。縦隔鏡検査にくらべて気管支鏡検査は患者さんの負担が少ないというメリットがあります。しかし、気管支鏡を用いた場合、大きく腫れたリンパ節は吸引しやすいのですが、10mm以下になると、確実に吸引できないこともあります。最近、超音波検査と気管支鏡検査を組み合わせた超音波気管支鏡検査が行われるようになりました。これは、気管支鏡を入れるだけでは見えない気管支の外側にある肺門と縦隔のリンパ節を、超音波でとらえて穿刺吸引し、転移の有無を調べる検査です。この方法でもすべてのリンパ節が採取できるわけではありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ