肺がんの種類には小細胞がん、腺がん、扁平上皮がん、大細砲がんの四つの組織型があります。このように、肺がんは組織型の種類の多いがんです
飾り

肺がん初期症状肺がん初期症状

肺がん種類

肺がんは、肺と気管支から発生するがんの総称で、気管、気管支、肺胞の細胞が正常な機能を失い、無秩序に増える悪性の細胞に変わることによって発生します。
肺がんは、大きく分けて「小細胞がん」と「非小細胞がん」の2つの型に分類されます。非小細胞がんは、さらに「腺(せん)がん」「扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん」「大細胞がん」などの組織型に分類されます。

小細胞がん

小細胞がん】は、肺がんの約15~20%を占め、増殖が速く、脳・リンパ節・肝臓・副腎・骨などに転移しやすい悪性度の高いがんです。しかし、非小細胞がんと異なり、抗がん剤や放射線療法が比較的効きやすいタイプのがんです。小細胞がんは、顕微鏡で見ると細胞が燕麦(えんぱく)のように見える為、【燕麦細胞がんともよばれます。小細胞がんになる人は、多くが喫煙者です。

非小細胞がん

非小細胞がんは、肺がん全体の多くを占めています。早期に発見して手術をすれば、治癒する可能性があります。しかし、抗がん剤や放射線療法は、小細胞がんと比べて効きにくいのが特徴です。
腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん、があります。

腺がん

腺がん」は、日本でもっとも発生頻度が高く、男性の肺がんの40%、女性の肺がんの70%以上を占めているがんです。腺がんは、肺の末梢にできることが多く、初期の段階では、咳などの自覚症状が出にくいがんです。ある程度の大きさになると、胸部Ⅹ線写真に写りやすく、しばしば健康診断や肺がん検診で発見されます。肺がんのなかでも、ほかの組織型に比べてさまざまな進展、進行を示し、進行の速いものから進行の遅いものまでいろいろあります。

扁平上皮がん

扁平上皮がん」は、扁平上皮細胞から始まるがんです。扁平上皮細胞とは、魚のうろこに似た、薄く平らな細胞で、層状に重なっています。扁平上皮がんは、喫煙との関係が深く、肺の根元、すなわち比較的太い気管支にできることが多いがんです。男性の肺がんの40%、女性の肺がんの15%を占め、肺門の近くに発生する肺門型とよばれるがんの頻度が、腺がんに比べて高くなります。

大細胞がん

大細胞がん」は、顕微鏡で見ると、腺がんや扁平上皮がんのような形状を示さない大きな細胞からなるがんで、「非小細胞がん」に分類されています。しかし、最近では、神経内分泌大細胞がんという新しく分類された大細胞がんもあります。この神経内分泌大細胞がんは、大細胞であっても小細胞がんに似た性質をもつとされています。

肺がんと病理医

JS156_72A.jpg肺がんには「小細胞がん」「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」と組織型が多く、がんのなかでも特殊な存在です。
肺がん以外のほかの臓器のがんでは、代表的な組織型はそれぞれひとつしかありません。しかし、肺は、いろいろな種類の細胞から構成されている臓器なので、異なった種類のがんができます。
病理医というのは、このように、多くの組織型がある肺がんを診断するために、採取されたがんなどの病巣を含んだ組織を、顕微鏡でみて診断する専門医の事をいいます。
病理医は患者さんの前にでることはありませんが、顕微鏡などで診断した結果を主治医に報告します。がんなどの病期を診断するうえで、きわめて重要な役割を果たしています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ